12e festival du cinéma japonais contemporain

Novembre 2017 // Février 2018

ヒメアノ~ル

©2016 “HIME-ANOLE” Film Partners

監督: 吉田恵輔
出演: 森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ
日本公開: 2016 | 本編: 99分 | ジャンル: サスペンス | 日本語音声・フランス語字幕 ※-12(12歳未満鑑賞不可)

作品概要

古谷実原作の問題作にして伝説的コミックを俊英・吉田恵輔が映画化。ビル清掃のパートで生活する冴えない若者が同級生との再会によって命を狙われるはめになり…コメディタッチで描かれる日常から一転、狂気が炸裂するサスペンスに突入! ジェットコースターさながらの展開に息を飲まずにいられない。

退屈で希望のない日々に焦りを感じながら、ビル清掃のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤が想いを寄せるユカとのキューピット役を頼まれ、彼女が働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田と出会う。ユカは森田にストーキングされているらしいのだが、高校時代に過酷ないじめを受けていた森田は当時とはまるで別人のようになっており、岡田は不穏な気持ちを抱く。
岡田とユカ、安藤らの恋や性に悩む平凡な日常と、ユカをつけ狙う森田の絶望ー2つの物語が危険に交錯していく。

 

吉田恵輔

1975年埼玉県出身。東京ビジュアルアーツ在学中に自主映画制作を始める。塚本晋也監督作品やPVの制作に参加し、照明を担当。2005年、初監督作の中編『なま夏』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞し、2007年『机のなかみ』で長編監督デビュー。『さんかく』(2010)でTAMA映画祭最優秀作品賞、高崎映画祭若手監督グランプリを受賞するなど、ユーモラスで繊細な人間描写に定評がある。その他の監督作に『純喫茶磯辺』(2008)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(2013)、『麦子さんと』(2013)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)など。