Kinotayo 15e festival du cinéma japonais contemporain

溶ける

© DR

監督: 井樫彩
出演: 道田里羽、ウトユウマ、小山梨奈、速水今日子
日本公開: 2016 | 本編: 45分 | ジャンル: ドラマ | 日本語音声・英語字幕

作品概要

密かに川に飛び込むことを日課とする田舎暮らしの女子高生の、行き場のない閉塞感と不安や戸惑いなど思春期の感情をみずみずしく表現したドラマ。河瀬直美監督に推薦され、本年のカンヌ映画祭の学生部門シネフォンダシオンに選出された注目の中編。

田舎町に住む高校生の真子は、学校生活や友人関係のストレスを近所の川に飛び込むことで人知れず解消している。家に帰れば祖母は認知症で、母親も疲弊している。ある日、真子は川に飛び込んだところを東京からやって来た従兄弟の孝太郎に見られてしまう。真子の家で夏を一緒に過ごすことになった年上の孝太郎の存在、親友との微妙な関係、全然見えない将来のこと。ゆっくりと彼女の生活が変わっていく。

井樫彩

1996年北海道出身。東放学園映画専門学校映画制作科卒。卒業制作の本作が東京学生映画祭での準グランプリを始め、ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード審査員特別賞、河瀬直美監督がエグゼクティブディレクターを務めるなら国際映画祭のNARA-wave(学生映画部門)で金のKOJIKA賞(グランプリ)を受賞。河瀬監督に推薦された本作は2017年カンヌ映画祭の学生部門シネフォンダシオンに日本人史上最年少で出品される。
現在は母校でティーチングアシスタントとして働く傍ら、初長編作品『真っ赤な星』(2018年公開予定)を制作中。